お宿やました

お問い合わせはこちら 076-235-1021
宿泊プラン

夢二ゆかりの宿

今もなお多くの人から愛される竹久夢二

夢二が恋人彦乃と過ごした湯涌での時。
彼の人生で最も幸せな時を過ごしたとされる湯涌での逗留の
際に利用したのが当館の前身である「山下旅館」
宿名は「お宿やました」に変わりましたが、昔と変わらぬ
おもてなしを心がけております。
館内には夢二ゆかりの作品ギャラリーがございます。
宿泊時に是非ご覧になって下さい。

夢二作品
夢二作品

竹久夢二

明治17(1884)- 昭和9(1934)年

大正ロマンを代表する抒情派の画家にして詩人。本名は竹久茂次郎。
岡山県邑久郡本庄村(現:岡山県瀬戸内市邑久町本庄)の酒造業を
営む家の次男として生まれる。
明治末から雑誌や画集に発表した「夢二式美人画」と呼ばれる作品は
大衆の心をとらえ、明治45(1912)年に発表された夢二作詞の「宵待草」
は、大正17(1918)年には曲を付けられ一世を風靡しました。
大正ロマンを代表する画家であり「大正の浮世絵師」などと呼ばれ、
江戸情緒の魅力をたたえた美人画から、色鮮やかで楽しげな「子ども
絵」まで、幅広い作風をもって多様なメディアで活動。
書籍装幀にも優れた才能を発揮し、商業美術の概念をいち早く持って
いました。
千代紙、絵封筒、半襟などの図案も手がけたことから、現在でいう
ところの「グラフィックデザイナー」の先駆者としてゆるぎない地位を
確立しています。
生前の夢二はいわゆる画壇からは認められませんでしたが、近年では
その作品に対する評価は高まってきています。
もちろん今もなお多くの人々に知られる存在であり、その作品も人々に
親しまれています。

夢二作品 夢二作品

夢二ゆかりの作品ギャラリー

夢二が逗留した当館には、夢二ゆかりの作品を集めた
ちょっとしたギャラリーがございます。
客室のある各階奥に裏山の緑に包まれたちょっとした
ギャラリースペースが。
椅子もございます。緑に包まれて、夢二の作品を
ご覧になりごゆるりとお過ごしください。
その他玄関ロビーや館内各所に夢二の作品(レプリカ)
がございます。

夢二ギャラリー 夢二ギャラリー
お得なオンライン宿泊プラン